クレジットカードを延滞するとどうなるの?その?

main-img

クレジットカードは支払いを先延ばしにできる便利なカードです。

一括払いであれば特に手数料がかかることもなく、反対にポイントが貯まるものも多いので、現金払いよりも総合的に見て得をする部分が多いでしょう。ポイントは好きな商品と交換したり、別のポイントに交換して利用することもできます。
そんな便利なクレジットカードですが、使いすぎてしまうと支払いで困ることもあります。

限度額が小さければギリギリまで使っても支払い切れるかもしれませんが、高い限度額となってくるとそういうわけにもいきません。
リボ払いにすることで負担は小さくすることも可能ですが、支払期間が長期化することもあります。
もし支払日に支払うことができなくなると、さまざまなペナルティーが発生するので注意が必要です。



まず最初の小さな延滞では、クレジットカードが停止になってしまうことはあまりありません。



支払日を忘れてしまうこともあると、カード会社側もある程度は容認しています。

支払日に入金がなかったらまずは電話やメールで返済のお願いをされることになります。



支払いが厳しいような場合は返済額の調整や支払日のリスケジュールなど、相談に乗ってくれる会社も多くあります。

半月程度であれば待ってくれるケースがほとんどですまた、電話をした場合はいつまでに払えるのか約束をすることになります。
この約束を取り付ければ、その日まではカード会社から毎日のように電話がかかってくることはなくなります。

身に付けよう

subpage1

電話で支払日を延期してもらっても、それでもクレジットカードの支払いができなかった場合、次の段階へ移行します。この段階に突入するのは当初の支払日から半月から1ヶ月程度経った時期です。...

more

金融が気になる方

subpage2

クレジットカードを利用している社会人の方も多いと思います。現金がなくても、各種代金やサービス料金の支払いをすることができ、一括で後払いにすることができるという便利なツールです。...

more

人に言いたい金融

subpage3

クレジットカードの滞納をした場合に気をつけなくてはならないのは「信用情報」です。信用情報には延滞があった記録や、解消された記録、カードが強制解約された記録など、さまざまな情報が蓄積されており、情報の種類によっては10年近く保存されているものもあります。...

more

金融入門

subpage4

申し込みをしたその日に審査の結果がでて、即日発行されるクレジットカードも多くなっています。ただし即日発行と受取はまったく異なりますので、その違いを知っておきましょう。...

more